安全管理・・・お客様の安心・安全・快適をお約束するための、設備と取り組み
平成18年10月より、運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正した法律が
施行されました。 「輸送の安全性を確保すること」はもとより、今回の改正法の施行により、事業経営者の安全確保義務が明確にされました。
弊社としても経営トップから現場の運転士に至るまで輸送の安全が最も重要であることを再度確認し、運輸安全マネジメントの強化により絶えず
輸送の安全性の向上に努めていきます。
安全情報の公表
当社の基本方針
輸送の安全は、最大の顧客満足〜気品のある運転を心がける〜
※
平成27年度の目標「事故0(ゼロ)」
※
※
運輸安全マネジメント評価報告書(PDF形式) 独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より評価結果報告書
※
平成23年度より日本バス協会が運用を開始いたしました。貸切バス事業者の安全性を「見える」ものとし、
利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択する際の指標として始まった制度です。
イメージ
「支える」ための設備
※
インフルエンザ感染予防対策としてバス車内の空間除菌システムを四国で初めて導入
※
デジタルタコメーター、ドライブレコーダーの導入
※
遠隔地対応アルコール濃度測定システムの導入
※
乗務中の休憩室(リフレッシュルーム)の設置(東京・徳島)
※
損害保険について
※
乗車中快適に過ごして頂くために(放送設備の充実、ブランケット・スリッパの貸出し)
詳細へ
イメージ
「維持する」ための取り組み
※
日々の点検・整備で安全性の高い運行
※
清掃・クリーニングでいつでも清潔
詳細へ
イメージ
「運行」ための取り組み
※
法令遵守の徹底
※
2名乗務にて運行
※
緊急対応マニュアルの作成
※
女性安心シートの設置
詳細へ
イメージ
「より追究する」ための取り組み ここから
※
お客様アンケートの実施
※
安全協議会への参加
※
勉強会の実施
詳細へ
海部観光 安全管理について
海部観光 安全管理について